電動エコバイクって何?

電動エコバイクとはその名の通り電気で走るバイクの事です。ほとんどがスクータータイプのため電動スクーターと呼ばれることもあります。。
ハイブリッドカーのようにモーターとエンジンの両方で走る訳ではなく100%電気でのみ走ります。
だから排気ガスは一切出ません。騒音もほぼありません。
そして同クラスのガソリンバイクと比べて燃費は約1/6!家計にも自然にも優しい乗り物です。
また、動力がモーターになるのでエンジン車に比べて構造が圧倒的にシンプルになります。多くの電動バイクで採用されているインホイールモーターの場合、モーターをリアホイールの中に設置しタイヤを駆動するためチェーンやベルト・プーリーといった部品が不要となります。そのためその部分でのエネルギー損失をカットする事ができますし、チェーンのメンテナンスやオイル交換といった作業が不要となります。


デメリットは?

じゃあデメリットはないのか?というと残念ながら無くはありません。
使用状況にもよりますが、一番ネックになるのは連続走行距離かもしれません。車種にもよりますが、電動バイクの走行距離は一回の充電で概ね35km〜55km程度です。ガソリンバイクの様にガソリンスタンドで給油というわけにはいかないので長距離走行には向きません。
また、充電に関してですが一部の電動バイクを除くほとんどの車種ではバッテリーは取り外し可能な仕様にはなっていません。ですからアパートやマンションといった集合住宅に住んでいる方には不向きです。
集合住宅にお住まいの方で電動バイクの購入を考えている方はバッテリー取り外し可能な車種の中から選ぶと良いでしょう。ただ、取り外し可能な車種であってもバッテリー重量が15kg近くある物もあるのでバッテリー取り外しの可不可だけでなく、バッテリー重量も確認しましょう。

免許区分について

ガソリン車と同じように電動エコバイクも出力によって必要となる免許が異なります。
定格出力が600W以下の場合は原付免許で乗る事ができますが、定格出力が600より大きくなると小型自動二輪免許が必要となります。電動エコバイクのほとんどが600W以下の原付クラスに相当しますが、中には定格出力1000W等の原付二種クラスの車両もあります。免許をお持ちであれば60kmまで出せる原付二種クラスの車両がいいかもしれません。
中には3000Wという高出力モデルもあり、これはガソリン車の250ccに相当し高速道路も走行可能です。ただ、その場合は普通自動二輪免許が必要です。
今後、いろんな出力の電動エコバイクが出てくると思いますが、600Wあたり50ccに相当すると覚えておけば分かりやすいでしょう。3000Wは600Wの5倍の出力で600Wが50ccに相当するので50cc×5=250ccという事です。

本当に安いの?〜電動エコバイクの維持費〜

バッテリーの交換コストを考たら、実はそんなに安くなかったりするんじゃ・・・こんな不安を持つ方もおられるかもしれません。参考までに実際に弊社で使用したデータを元に比較してみました。





上の表にも記載していますが、比較するガソリン車の条件を、燃費40km、ガソリンの値段140円、オイル交換の頻度3,000km、オイル交換の費用1,000円、駆動系のオーバーホール(ベルトやウェイトローラーの交換など)の頻度15,000km、その費用を12,000円として算出しています。
そして電動エコバイクの維持費の条件を、一回の充電費用30円、航続距離(一回の充電で走行できる距離)37km、バッテリー交換費用36,800円、充電可能回数400回として算出しています。
航続距離37kmというのは体重約100kgの弊社の社長がアップダウンの激しい山の中を実際に走った距離です。(弊社の周りは山ばかりです・・・)体重の軽い方が平地を走ればもっと伸びると思います。
また、上記の表では「7割利用時の充電回数」という項目があります。これはバッテリー公称容量の70%を使用した毎に充電回数を1としてカウントした場合の充電回数の事です。通常バッテリーの充電回数は80%使用して充電する、を繰り返した場合の回数ですのでここでも少し余裕を見ています。※バッテリーに関しては下記の「バッテリー考察」をご覧ください。

このような条件で比較した場合のグラフと表が上記となります。電動エコバイクの維持費が階段のようになっているのは、電気代は安いもののバッテリー交換費用が高いからです。それでも3万km走った場合の維持費の差は4万円以上あります。3万kmで駆動系OHをしなかった場合でも3万円近く差があり、ガソリン車の方が電動バイクより30%近く維持費がかかっている事になります。

確かにバッテリー交換直後に買い換えれば電動エコバイクの方が維持費がかかっている事になりますが、それは車で言うと車検直後に買い換えるようなもので通常はその様な事はないでしょう。

具体的な例で考えてみると、毎日20km走行し月に20日使用した場合、一月あたり400km、一年で4,800km走る事になります。約5,000kmと考えると、4stスクーターの維持費は18,500円なのに対し電動エコバイクの維持費は4,054円ですみます。二年間乗った場合は差額約30,000円も電動エコバイクの方が維持費が安くすみます。
このように、電動エコバイクがお得!というのも納得頂けると思います。

定格出力600Wって?

電動バイクの出力はW[ワット]で表示されています。馬力表示に慣れている方にとってはイマイチピンとこないかもしれません。600Wの電動バイクは法律的には50ccのガソリン車と同じ扱いとなります。つまり定格出力600Wまでなら原付免許で乗れますが、600Wを超えると小型二輪免許や普通二輪免許が必要となります。免許区分の詳細については「免許区分について」の項目をご覧ください。
では、この「600W」を馬力に換算するとどれくらいでしょうか? 1馬力 = 745.7W ですので600Wとはわずか0.8馬力程度となります。バイクに詳しい方はビックリされるかもしれません。ホンダの現行モデルの原付スクーター、ディオ(AF68)の出力が3.8馬力である事を考えるとかなり低いと言わざるを得ません。
しかし、実際に乗ってみてそんなに遜色はありません。一つにはインホイールモーター等の技術を用いる事でエネルギーのロスを抑えているという点がありますが、ここで問題になってくるのが「定格出力」という言葉の意味です。定格出力とは、連続的に使用できる出力の事で最高出力の事ではありません。ですから定格出力だけで比較して電動バイクがガソリンバイクより遅いとは言い切れません。

バッテリー考察

電動バイクで使用されるバッテリーは鉛バッテリーとシリコンバッテリー、それからリチウムバッテリーの3種類があります。
鉛バッテリーは電極に鉛を使った最も一般的なバッテリーで、バイクや自動車など数多く使われているものです。一番のメリットは安価ということです。
シリコンバッテリーは基本的に鉛バッテリーと同じですが、希硫酸の代わりにシリコン液を電解液としたものです。
これに対してリチウムイオンバッテリーはエネルギー密度が高く、同じサイズであればより大きな容量を持たせることができ、1回の充電で走れる距離が長くなります。いい事ずくめのリチウムイオン電池ですが、一番の問題は高いということです。 今後主流になっていくと思われますが、低価格帯の車両ではその価格から鉛バッテリーを採用している車両が多いようです。

一般的に、バッテリーの容量が定格(公称容量)の80%に低下するまでに可能な充放電回数は鉛バッテリーの場合は400回程度とされています。これは80%使用して充電する、を繰り返した場合の回数で、これ以上になるとフルに充電しても定格(公称容量)の80%まで充電できなくなるという意味です。(即壊れるという意味ではなく、イメージとしては最大100km走れていたバッテリーが徐々に落ちてきて80kmしか走れなくなってしまうという意味です)あくまでも目安ですが・・・。
「充電回数400回」と聞くと、少し使って充電しても「カウント1」、たくさん使って充電しても「カウント1」ならなるべくたくさん使って充電した方がいいと勘違いされる事がありますが、そういう意味ではありません。実際には、少ない走行距離の段階で充電すると飛躍的に寿命(繰り返し回数)が延びて、例えば放電深さ50%では2倍以上,20%では4倍以上の繰り返しが可能になります。一方,放電が深過ぎる(過放電する)と寿命は劇的に短くなってしまい、10回未満で使えなくなる可能性もあるそうなので注意が必要です。

バッテリーの種類ごとに注意点が異なるので種類別に注意点を記載しておきます。

  • 鉛バッテリーの特性
  • 鉛バッテリーで一番注意する点は過放電を避けるという事です。また、使用した状態で放置しておくとサルフェーションという現象で劣化が進みます。メモリー効果を気にする必要はありませんので、使用後は極力すぐに充電するようにしてください。
    まとめると、
     ・過放電を避ける(バッテリーが空っぽになるまで使用しない)
     ・使用後はなるべく早くに充電する
     ・長期間使用しない場合でも、定期的に充電しバッテリー残量が0にならないようにする
    といったところでしょうか。

  • リチウムイオンバッテリー
  • リチウムイオンバッテリーと鉛バッテリーは特性が全く異なりますので、扱い方に注意が必要です。
    過放電を避けるのは鉛バッテリーと同じですが、リチウムイオンバッテリーは過充電も避けなければなりません。過充電については充電器やバッテリーの側で対応できている(充電が完了すれば自動的に充電を停止する)と思うのでユーザーの側で意識する必要は無いと思います。
    ただ、リチウムイオンバッテリーは満充電状態で放置すると劣化が進むというやっかいな性質を持っています。ですので一部のノートパソコンなどでは充電が完了しても100%の状態にならないように設定できたりするそうです。(実質バッテリー容量が減ったのと同じ事になりますが・・・)
    さらにリチウムイオンバッテリーは熱に弱いという特性もあります。ですので高温になる場所での保管は避け、極力風通しの良い涼しい場所で保管するようにしましょう。
    まとめると、
     ・涼しい場所に保管する
     ・過放電を避ける(バッテリーが空っぽになるまで使用しない)
     ・満充電状態が長く続かないようにする
     ・長期間使用しない場合はバッテリー残量が30%〜70%程度を維持するようにする
    といったところとなります。


※上記の内容はあくまで一般的な事柄となります。メーカーごとに細かい仕様は異なるかもしれませんので、詳細は各メーカーにお問い合わせください。