オススメは?

たくさんのメーカー、たくさんの車種がありそれぞれに一長一短があるので「これが一番!」とはなかなか言えません。
使用環境を考えた上で価格と性能のバランスをみて選ぶ必要があると思いますが、OVERcreativeのJEVO、ノメルカンパニーのVITAはイチ押しです。
この価格でこの性能・品質を実現できたのはたいしたものです。特に品質に関しては、低価格帯の電動バイクの中では群を抜いているように感じます。
高性能・高品質・低価格の3点を兼ね備えた非常にバランスの良い車両で、コストパフォーマンスは抜群です。迷っている方には是非お勧め致します。

 e-lets  vita  COPMA1.0  COPMA1.5  SEED60  SEED48  ミレットLi350  JEVO  EZF1000

使用レビュー

実際に電動バイクに乗ってみた感想は、「意外と出だしはいいな」というものです。信号待ちのスタート時も後続の車をそれほど気にする必要は無いかもしれません。しかし一番インパクトを受けたのは「ビックリするほど静か!」であるという点です。電動バイクの静音性は聞いていましたが、少し侮っていました。ほぼ無音といっても過言ではないほど静かで、そして振動もありません。走行時の疲労も軽減されるのではないかと思います。

  • スズキ e-let's
  • さすがの完成度です。登坂時の加速感は他の追随を許しません。品質はもちろん日本品質で安心のバイクです。ただし、価格が高すぎます。補助金対象ですが、それを加味しても厳しい価格帯です。今後の低価格化に期待です。バッテリー容量と価格の問題が解決すれば、すぐにでもガソリン車に取って代われるレベルです。メットインは電池入れなので、ありません。バスケットがかなり大きいので、そちらを活用するか、しっかりとしたテールボックスの取り付けをおすすめします。
  • ノメルカンパニー VITA
  • 加速に優れたスタンダードモデル。JEVOよりもきびきび加速します。登坂力もこちらが上です。シート下はほとんど物が入りませんので、弊社で販売しているテールボックスへの換装をおすすめします。標準搭載のボックスでは、フルフェイスやジェットヘルが入らず、つまり、結構物が入りません。半キャップ運用で考えても、この点はイタイと思います。
  • ノメルカンパニー COPMA1.0
  • COMPA1.5からリアの箱を省き、モーター出力やバッテリー容量を抑えて価格を抑えたモデルです。比較的大きなリアキャリアが装着されており、大型の箱の取り付けも可能です。フロントのカゴはキーにより取り外し可能で、ちょっと小さいですがそのまま買い物カゴとして使えます。一人暮らしレベルの買い物なら十分です。シート下は小さいです。
  • ノメルカンパニー COPMA1.5
  • 圧倒的な積載能力を持った車両。登坂力、最高速、加速力、航続距離ともに、弊社試乗車の中では最強です。COMPAシリーズの特徴として、シート高が低く、乗り降りが多い場合に有利です。車体安定性も他のモデルより高いです。フロントのカゴはフレームマウントで、いくら荷物を積んでもハンドルが重くなりません。過激に積載してください。COMPA1.0同様カゴの取り外し可能。実質的な使い勝手も考慮すればおすすめナンバー1なんですが、価格帯が1ランク上になりますので、その点で負けました。実用性を重視する方におすすめです。
  • テラモーターズ SEED60
  • SEED48よりはフォーク性能など、良いですが、他と比べると全ての面で差は歴然です。シート下は比較的大きいです。同程度のカタログスペックの車両と比べると、かなり厳しい状況です。動力性能的にもワンランク下の車両に劣ります。
  • プロッツァ ミレットLi350
  • リチウム電池で、取り外ししての充電も比較的楽です。女性でも取り外し充電可能です。能力としては電動アシスト自転車+αです。低出力のため航続距離が比較的長いですが、登坂力などで田舎での利用は難しい車両です。おもに都会のマンション暮らしの方で、チョイノリユーザーに最適です。また平坦路であればペダル装備ですので、電欠でも何とかなりますが、あくまで非常用です。ペダルで走ることはおすすめしません。登坂時などペダルアシストすれば、それなりの坂も登ります。テールボックスはおまけのおまけで、女性の小さなハンドバックは入ります。
  • オーバークリエイティブ JEVO
  • 現段階ではおすすめナンバー1です。ただし、加速感が乏しいのが難点。バッテリーは取り外し充電可能です。最高速はVITAを上回ります。航続距離ではVITAと同程度か、少し下回ります。甲乙付けがたいのですが、価格の面でこちらに軍配が上がりました。テールボックスはかなり小さく、おまけですので実用性はほとんどありません。シート下も小さいので、この車両もボックス換装をおすすめします。それから、品質レベルはイーレッツに迫る勢いです。さすがOVERというべき車両です。
  • オーバークリエイティブ EZF1000
  • 試乗車の中では唯一の電動アシスト自転車です。自転車ですので、登録、保険不要です。もちろん免許もいりません。アシストが効く最高速は25km/hで通常利用では十分です。1速で座ったままの状態で、15°の坂を登りました。折りたたみで弊社の軽トラのスズキ キャリィの助手席に載りました。四輪を母艦として活用すれば、かなり応用範囲が広がると思います。OVERクオリティの車両です。

車両の品質について

電動バイクメーカーの内の一部のメーカーでは、ビックリするほど低品質の車両を販売しているところがあります。数字には表れないためスペック表等では判断できませんから、購入する際には十分注意が必要です。
中国製バイクの品質に不安を覚えられる方もおられるかもしれませんが、同じ中国製でも品質の程度はメーカーにより様々です。新車でありながら納車整備にかなりの手間をかけなければならないものから、一般的な国内ガソリンバイクと同程度の整備で問題ないものもあります。
販売価格との関係もあり一概に言えませんが、商品の品質にはメーカーの姿勢が現れます。極端に低い品質の商品を製造しているメーカーのサポートが厚いとは思えません。
名前をよく聞くメーカーだから、とか○○と提携しているから、といった事だけでは判断できないので、可能であるなら実際に試乗した上でお店の人の話を聞いて決めるのがいいでしょう。